【BGA】ステラ(Stella)のルール説明

ボードゲーム

こんにちは、ツナです。

本日紹介するボードゲームは「ステラ(Stella)」です。

ツナ
ツナ

単語と絵柄のマッチングを推測する連想ゲームとなります。

チョリソー
チョリソー

絵柄は不思議なイラストで、その中から物語を連想します♪

基本情報

  • プレイヤーの数 :3-6名
  • ゲームの長さ  :16m
  • 難易度     :★☆☆
  • 戦略      :★☆☆
  • 運       :☆☆
  • やり取り    :★★★
  • 実装日     :2022年 3月9日

ゲームの目的・概要

ツナ
ツナ

プレイヤーは共通のお題カードを見て、

お題のカードから1~10枚選びます。

 

他プレイヤーと同じディクシットカードを選ぶと、より多く得点できます。
逆に、誰も選ばないカードを選ぶと損します。

ツナ
ツナ

4ラウンドが終了したら、

各プレイヤーは自分の得点を計算します。最高得点のプレイヤーが勝者です! 

スタート画面

ツナ
ツナ

カード(ディクシットカード)が

5枚×3列=15枚あります。

 

このラウンドの単語は「Independence」になります。 

遊び方

■チェック

ツナ
ツナ

単語から想像するカード(ディクシットカード)を選択します。

ツナ
ツナ

今回の単語では4つ選びました。

プレイヤー名の右下の数値が各プレイヤーが選んだ数になります。

ツナ
ツナ

チェックが一番多いプレイヤーは

このラウンド中消灯状態になります。

※「消灯状態」ついては後述(得点計算時)します。

■答え合わせ

ツナ
ツナ

スタートプレイヤーから順に答え合わせを行います。

 

選べるカードは自身がチェックしたカードのみとなります。

(選択するカードがない場合はスキップされます)

■3人以上がチェックしていた場合

ツナ
ツナ

選んだプレイヤー全員が2点獲得します。

■2人だけチェックしていた場合

ツナ
ツナ

選んだプレイヤー全員が3点獲得します。

■誰もチェックしていなかった場合

ツナ
ツナ

得点を得られません。

 

また、2回失敗すると以下のペナルティが発生します。

  •  このラウンドはそれ以降、答え合わせに参加できません
  •  他のプレイヤーの以降の手番で、『スパーク』/『スーパースパーク』になっても得点は得られません

■得点計算

ツナ
ツナ

「答え合わせ」の結果が得点となりますが、

 

消灯状態」のプレイヤーが失敗した場合、

このラウンドで得られる点数はすべて通常より1点低くなります。

 

スパーク:2→1点

スーパースパーク:3→2点

■ラウンド終了後

ツナ
ツナ

ディクシットカードを5枚入れ替えます。

 

1ラウンド目 ・・ 下段の5枚を入れ替える

2ラウンド目 ・・ 中段の5枚を入れ替える

3ラウンド目 ・・ 上段の5枚を入れ替える

 

その後、新しい単語が発表されます

感想

ツナ
ツナ

私は想像力が足らない(笑)

ツナ
ツナ

最初は弱気にカードを少なく選んだら、得点が延びませんでした。

チョリソー
チョリソー

強気にいかないと勝てないので、私向きのゲームでした♪

ここまでお読みいただきありがとうございました!

コメント

  1. I like it when individuals get together and share opinions.
    Great blog, continue the good work!

タイトルとURLをコピーしました